森住 卓 ホームページ
もりずみ  たかし
大地に生える大根
森住卓プロフィール
森住 卓 プロフィール
Takashi Morizumi


最終更新=2014/5/13 新刊「沖縄・高江 やんばるで生きる」のお知らせ [更新履歴]
写真展の更新については、森住卓写真展をご確認ください
森住卓写真展バナー 森住卓写真展(独立コーナーです)
写真展予定、写真展開催申し込み要項、展示写真サムネール、寄せられた感想などを掲載しています。 ウェブギャラリーのコーナーもあります。
森住卓写真データサービス ★☆ネットによる写真配信サービス(有料)を始めました★☆
世界20カ国の取材で撮影した一枚一枚の写真には、 戦場や核汚染、自然災害の現場で見、感じ、人々との交流を通じて得た貴重な一瞬が刻み込まれています。 他のフォトサービスでは見つけられなかった新鮮な感動が見つかることでしょう。 報道写真に留まらず、文字通りフォトジェニックな街並、人々の営み、自然の美しさ、愛すべき子どもたちなど幅広い写真を提供しています。
ブログ始めました
「森住は今、どこにいるんだろう」といつも心配をおかけしています。 みなさんに私が取材に出ているときに感じたこと、見たことをブログにUPしました。速報性と私自身の取材メモがわりにと思っています。

◆講演予定

★ただいま予定されている講演会はありません。
english guide
当サイト内のキーワード検索
検索ページへ

フォトレポート

★イラク
イラク総合INDEX
│ ▼米国編
イラク帰還兵の苦悩
「劣化ウラン弾汚染」の真実
レバノン
2006/08
国境の村 アイタ・シャーブ
2006/12
セミパラチンスク・カザフスタン
セミパラチンスクの戦車基地
カザフスタン2003/9
★バルカン
コソボ レポート
バルカンシンドローム
アルバニアゲリラの村潜入記
2005 Vol.1
2005 Vol.2(ボスニア編)
★パキスタン
パキスタン(2001)
地震被害レポート
★マーシャル諸島
├┬ビキニ水爆実験index
│├人体実験の疑惑(ロンゲラップ島)
│└温暖化
メジット島
沖縄レポート
インド ジャドゴダ・ウラン鉱山
ウラルの核汚染
ウィーン フィルハーモニー
アフガン フォト日記

イラク占領と核汚染

イラク占領と核汚染の表紙

 新着情報 近々の予定 


新刊のお知らせ

沖縄・高江 やんばるで生きる

森住 卓 写真・文
解説 三上智恵(映画「標的の村」監督)
●A5判横・144ページ
●2014年4月4日発行
●本体価格2000円
●ISBN978-4-87498-542-7
−−−−−−−−−− 出版社・高文研で購入できます
注文へ
やんばる(山原)は、沖縄(本)島北部の丘陵地帯をさす。そこはスダジイ(イタジイ)を主木とする深い森におおわれている。 この亜熱帯の森に抱かれて、多種多様な生き物たちが生き続けてきた。世界自然遺産の候補地だ。

この森にある米海兵隊北部訓練場の過半の返還が1996年12月に決まった。 ヘリパッドの新設を条件に。東村高江集落を取り囲むようなヘリパッド建設計画だ。 「静かに暮らしたい」と願う住民は国の工事強行に反対している。

高江は、人口160名ほどの小さな集落。映画「標的の村」の舞台でもある。 2012年10月に沖縄に配備されたオスプレイが、低空飛行やタッチ・アンド・ゴーを繰り返し、もの言わぬ森の生き物や住民を脅かしている。

やんばるのすばらしい自然と、そこで暮らす決意をした人びとの日常を、カラーを含む117枚の写真で伝えるフォト・メッセージ!

解説を書いた映画「標的の村」監督の三上智恵さんは、解説を以下のように結んでいます。 「忘れられた山村・高江には、この国最大の矛盾と、この国最大の希望が同居している。 だからこそ、絶望を希望に変える地場が発生し、人を惹きつけてていくのだろう」
著書紹介
リンク集
更新履歴
最近の主なTV出演、雑誌掲載など
過去の記事
声明など

DAYS JAPAN
2014年5月号発売中

DAYS JAPAN 表紙

このサイトの写真・文章の著作権は、森住卓に属します。無断での二次利用を禁じます。
Copyright Takashi Morizumi 

お役立ちリンク
介護施設をお探しなら老人ホームネット | 教育ローン | 便利屋 | 脇の下黒ずみ | 会社設立の行政書士 | JAF入会 | ホットヨガ渋谷 | 車のローン | 廃品回収 | ビジネスマナー | 教育ローン比較 | ピアノ売る | 地域の引っ越し業者探し |

冊子印刷ドットコム | 貸切バスの事なら任せて! | 貸会議室NAVI | 良い看板は良い集客を実現できる | こたつ布団 |